三菱の太陽光発電というのは、屋根の大きさや形によって、パネルが選べるのが、大きな特徴です。
もし、三菱の太陽光発電パネルを設置しようということになると、工事をしなければなりません。
太陽光発電パネルというのは、結構な重量があります。
そのため、もちろんただ置いただけではいけません。
落下したときに怪我をしてしまいます。
ですので、しっかりとした施工工事をする必要があります。
三菱の太陽光発電パネルは、施工工事の際にも、工夫がされています。
まずは、取り付けがしっかりとできるということがあります。
通常の太陽光発電パネルは、屋根の野地板というところに固定をします。
野地板というのは、いわば「屋根の皮」といってもいい部分です。
屋根の側に取り付けをするのは、簡単でいいのですが、設置強度に不安を抱えます。
そのため、ねじを何本も使わなければなりません。
あまり屋根をねじだらけにされるというのも、気分のいいものではありません。
そこで、三菱の太陽光発電パネルの場合は、「垂木」に固定をしています。
垂木というのは、野地板の奥にある、いわば「屋根の骨格」です。
屋根の皮に固定をするよりも、屋根の骨格に固定をするほうが安定しているのは、自明の理です。
垂木に固定をすることによって、使用するねじの本数も少なくて済み、強度を増すことができます。
もっとも気をつけないといけないのは、水の浸入による腐食です。
そこも安心ください。
太陽光パネル自体には、取り付け部分に防水シート
ねじにはコーキング材を施してあります。
取り付け金具にはブチルシートにパッキンも装着してあります。
これで、4重防水処理を施すことになり、雨水の浸入も防いでくれます。
架台には軽量のアルミニウムを使用することで、腐食を防いでくれます。
もちろん、腐食を防ぐ効果もあるのですが、アルミニウムは軽量です。
軽量ということは、屋根にかかる負担というのも、ものすごく少なくて済むのです。