三菱の太陽光発電システムは、施工の際も安心品質であることが分かりました。
どこで販売してもらって、どこで施工してもらうかを決めたら、後はお金の心配をしなければなりません。
やはり、安くなったとはいえ、まだまだ太陽光発電システムというのは、高いものです。
全額自腹となりますと、なかなか設置も難しいものです。
そこで、国では、太陽光発電に関する補助制度というのを実施しています。
2012年度に関しては、以下のようになっています。
設置する太陽光発電システムの1キロワットあたりの経費が35000円から475000円の場合、1キロワットあたり35000円が補助されます。
設置する太陽光発電システムの1キロワットあたりの経費が475000円から550000円の場合、1キロワットあたり30000円が補助されます。
実は、国からの補助金以外にも、各都道府県、そして各市区町村単位でも、太陽光発電に関する補助金制度を実施しています。
一例として、東京都足立区の住宅に、太陽光発電システムを導入する場合を見ていきます。
もちろん、国からの補助金ももらえるのですが、東京都からも補助金が受けられます。
こちらの場合は、経費ではなく、パネルの出力あたりの補助金となっております。
1キロワットあたり100000円の補助金がもらえ、上限は100万円となっております。
集合住宅の場合には、100万円×住宅戸数が上限金額です。
申請期間は今でも続いております。
東京都だけではなく、足立区でも独自に補助金制度を行っております。
基本的には個人が対象となりますが、集合住宅の場合には、集合住宅の管理組合も対象となります。
予算の関係からか、補助の予定件数は500件と、若干少な目となっております。
足立区というのは、比較的一戸建ても多いので、かなり人気があると思われます。
補助金の金額は、1キロワット当たり70000円で、上減額は300000円となっております。
足立区内の事業者によって設置をしてもらう場合には、少し補助金の額が多くなります。
1キロワットあたり84000円で、上限は360000円です。
すべて重複してもらうことができます。