自分の住宅の屋根が、どうやら太陽光発電パネルを設置するのに向いているということが分かりました。
しっかりとした南向きです。
見たところ、太陽光が屋根にしっかりと降り注いでいます。
これならば、十分な発電量が見込めそうです。
そうなると、次は太陽光発電システムを選ぶということになります。
太陽光発電システムというのは、一体どこで販売しているのでしょうか。
実は、最近では太陽光発電システムというのは、たくさんのところで販売しています。
特に住宅用の太陽光発電に関しては、かなりの好調な売れ行きということで、新規参入してくるところが相次いでおります。
太陽光発電の初期の頃は、町の電気屋さんなどが、大手家電量販店に対抗するため、行っていました。
しかし、これはかなりの商機と見るや、大手家電量販店も続々と参入してきました。
家電量販店最大手の「ヤマダ電機」も、本格的に太陽光発電システムの販売を行っております。
ヤマダ電機は、家電量販店の中でも、比較的参入が早かったほうですが、最近では、さらにパワーアップさせています。
ヤマダ電機の場合は、住宅メーカー「エスバイエル」と共同で事業を行っております。
つまり、住宅に合った家電と言うものができるのです。
家電量販店というのは、太陽光発電システム以外にも、IHクッキングヒーターなどの家電製品も扱っています。
それが大きなメリットです。
家電量販店の前には、太陽光発電パネルを製造するメーカーも、直接販売をしていました。
京セラでは、フランチャイズ店以外にも、店舗を大幅に増やしております。
三菱電機に関しても、従来の20パーセント以上、販売店を増やしております。
こういった太陽光発電パネルの製造メーカーが直接販売するということは、以下のようなメリットがあります。
何といっても、太陽光発電システムの要は、パネルです。
そのパネルの性能を熟知しているのは、何といっても製造しているメーカーでしょう。
正しい数値などを、メーカー側も正確に把握しているはずです。